YearとEar

[year]も[ear]もイアーと発音していませんか?
[year]は[y]の音から始まるので、[ear]とは発音が異なります。現代日本語ではヤ行イ段の音は無いので、どうやって発音するのかも分からない。。。

失われた音を取り戻しましょう。

まず、Yearは[jɪɚ]、Earは[ɪɚ]と発音記号では表記されます。
Year以外にはYieldもこの音になります。

では、違いを見てみましょう。

 

最初の口の形が重要です。

次にこれを見て下さい。

 

最初に触れましたが、日本語には[ヤユヨ]とありますが、イ段とエ段がないですよね。
つまり、[jɪ]は日本語で無理やり表記すると[ヤィ]のような音になります。

一方、面白いことに、なぜかYes[jes]、Yell[jel]、Yen[jen]のように[ヤェ]の音はさほど苦労せずに発音できるんですよね。
[ヤィ]も[ヤェ]も日本語にはないのに、[ヤィ]の方が圧倒的に発音も聞き取りも難しいです。

コツを見ていきましょう。

Yearの発音にはyの音がつきます。

yは気持ち的には「ゆ” (ゆに点々)」の音です。

口を軽く横に開き、舌の真ん中~奥を持ち上げて、「ゆ”」とにごった音(摩擦音)を発音します。

「ゆ”」の後に先ほどの「イヤー」を発音すれば完成です。

口の形は横から前に動かします。

earより、yearのほうがにごった長い発音ですので、yeの部分を強調すると良いですね。

<出典: http://www.dengonnet.net/melbourne/machinavi/

子音yの音は日本語の『ィヤ』とまず発音してみましょう。
このときにィにはあまりストレスを置かずにヤに力を入れます。
もちろんyは一音ですので、ィヤと二音で言ってはいけません。 一気にこの二音を一音のように発音します。

この発音をするときの口の形は唇の両端を広げる感じで、舌の両端も内側で歯に押し当てています。 必ず一音で発音してください。
<出典: http://www.kids-abc.net

英語のy音は日本語の「や・ゆ・よ」の子音よりも舌を緊張させるということに気を付けてください。母音の「イ」よりも舌を口蓋に近付けます。あと少しで「ギ」になってしまうくらいの発音を試みてください。
あるいは、緊張して悲鳴を上げる時のように「ヒー」と言ってみてください。日本語の「ひ」よりもきつく、あと少しで「キ」になってしまうくらい舌を緊張させます。ドイツ語を知っている人なら、「ich」(イヒ:私)のch音を子音として「ヒー」と発音してください。それを練習したら、舌の形はそのままに最初から声帯を震わせて子音を有声化します。そうして発音される「イー」という音は、「yi」の音になっています。
<出典: http://www.gabacho-net.jp

 

上を踏まえて、この動画を見て下さい。

 

では、Siriに向かって、Yearと発音してみましょう。
難しいですよね。。。

最後に、復習としてこれを見て下さい。

 

出来る様になるまで、頑張りましょう。