FとV

[F]は[H]の発音とは違うので要注意です。
ただ、発音の仕方を教われば、比較的、容易に発音できると思います。

[F]の発音が出来れば、[V]の発音は簡単です。

学校で、教わった人も多いかと思いますが、FとVは上の前歯を下唇にあてて音を出します。
しかし、いざ英語を話すとなった時に、すっかり忘れてしまい、
[F]が[H]の音、[V]が[B]の音で発音している人が結構います。

頭でわかっていても、いざ英会話となるとなかなかできないという人、もう一度、基本から復習してみましょう。

子音fとvの発音は口の形は同じで、上の歯の先に下唇を当てて口の両端を少し上げてそのまま『フー』と口の両端から息を吐き出したときに出る音です。

違いは声帯を使用する有声音か息だけて音を作る無声音の違いです。

<出典: http://www.kids-abc.net

ちなみに、画像で表すとこんな感じになります。


<出典: http://allabout.co.jp

ここで注意です。上では「フー」と書いていますが、実際に「フー」と言ってはいけません。
これはあくまで、息を吐き出す時の効果音として表現されているだけです。

なぜならば、[フー]は[fu]ですので、「フー」というと[u]の音も入ってしまうからです。
[f]も[v]も子音なので、[u]の音が入らない様に注意しましょう。

更に、有声音と無声音という単語が出てきましたが、これは声帯が震えるかどうかで分かります。
発音時に、手で軽く喉を抑えてみて下さい。
有声音の[v]の時は、喉が震えているのを感じられると思います。
一方、無声音の[f]の場合、いくら大きな声で発音しても喉は一切震えていないはずです。
他にも、[z][s]、[b][p]などが同じ口の形での有声音と無声音のペアにあたります。

話が少し逸れましたので、[f]と[v]の発音に戻りましょう。
次に、いくつかの動画を見てみましょう。

どうでしょうか。そこまで難しくないと思います。
では、[v]と[b]の発音の違いを詳しくみてみましょう。[v]の発音が問題なければ[f]の音も問題ないので。

スペイン人用となっていますが、日本人にとっても同じです。
各国で同じ発音の悩みを持っているのですね。
違いがすごく分かりやすいと思います。

慣れてきましたか?
後は、反復練習しかないので、ゆっくりと丁寧に発音する事に気を付けて英語を話してみましょう。
一度、ものにすると無意識に発音できるようになりますよ。