SheとSea/ʃとS

[C]を[シー]と発音している人は、[she]と[sea]の発音が違うって知らないのでは?
一度、知ってしまえば正しく発音するのは簡単。

[seat]を[shit]と言っているかもしれませんよ。
ちなみに実体験です。「Please take a seat.」と言ったつもりが、「Please take a shit」と言って大爆笑されました。
今では良い思い出ですが、こんな被害者を減らすべく、何が違うの?と思っている人は必ず読んでください。

まず、英語には[s]と[ʃ]の二つの音があります。

例えば、日本語の[シ]を英語の[s]と[ʃ]で単語を分けるとこうなります。

[si]の音は、C、Sea、See
[ʃi]の音は、She

日本語では、[シ]しかありませんが、英語では発音が2通りあります。

 

では、上記を踏まえてこの動画を見て下さい。

 

[s]と[ʃ]では、音が違うことが分かりましたか?

[ʃi]は日本語の[シ]の発音で問題ありません。
[si]は、日本語の[スィ]と発音に似ています。

[s]の場合は、[l]の発音と似ており、舌を上歯の裏に付けて発音します。
[ス]の発音は[su]の為、[s]の音から始まるので、舌が上歯の裏(歯茎らへん)にあると思います。
ですので、[スィ]が[si]の近い音になるのです。

 

①舌を前上の歯茎から口の上方部のあたりにくっつける(場所は自分がやりやすい場所でOK)
②舌をつけたまま息を吐く
③このとき、空気が抜ける音がする
<出典: http://hatsuon.msize.net/>

 

この動画を見ると、コツがつかめると思います。

 

[city]は[スィティ]、[sick]は[スィック]など、どの単語が[s]、もしくは[ʃ]か覚え直しになると思います。
ですので、このような間違いはなるべく早く訂正した方が今後、楽になるので、今の内に練習して会得しましょう。
おそらく、[r]の発音などに比べると比較的すぐに正しく発音出来ると思います。

 

では、最後にこの動画で締めくくります。