Th(θとð)

[mouth]と[mouse]を正しく発音分けできていますか?[this]を[ディス]、[that]を[ザット]なんて発音していませんか?
その癖はなるべく早く治しましょう。

[month]や[mouth]は意識して[th]の音が出来ている人も、theを[ザ]と発音してしまっている人が多いんじゃないでしょうか。
theなんてひっきりなしに使うにも関わらず、発音はおざなりにされがちですよね。

 

では、どのように発音するのでしょうか?

「TH」の発音は 舌を上の前歯の先端に軽くつけて

息を吐き出すことで若干のすきまが生まれて、

そのすきまに息が通る音です

<出典: http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp>

 

舌を噛んで発音すると習った人がいるかもしれませんが、実際にはそんなに舌を出さなくても良いし、甘噛みで十分です。
最初は、少し極端に出しても良いかもしれませんが、慣れてくると出てるか出てないか分からないレベルになるはずです。
なぜなら、英語では会話の中で[th]の使用頻度が意外と多く(特にtheやthis、thatなど)、いちいち舌を出してられない。
英語では、発音だけではなく文全体のイントネーションも非常に重要な為、舌を出しているとイントネーションが崩れてしまいます。

ただし、これは[th]の音を習得してから考えれば良いと思います。最初は丁寧に、[th]を発音する事を心がけましょう。
[with]を[ウィズ]と言ってもそもそも通じませんし、正しく発音する事が大事です。
[ウィズ]の発音だと[whiz]という単語になり、最悪、小便という意味になりますよ。

 

少し長いですが、この動画はかなり分かりやすいので、まずは見て下さい。

 

この動画でも触れていますが、[th]の発音はさほど難しくないです。
一番の問題は、[the]を[ザ]などと言う癖になっているのを矯正するのに時間がかかる事です。

無意識に言っていると思うので、[th]の音を意識的に正しく丁寧に発音することを続けることが一番の近道だと思います。
おそらく、最初に[th]の頻出さに驚くと思います。

後、これはネイティブの人にも教わりましたし、他のウェブでも書いてありますが、舌を全く噛まずにも[th]の発音が出来ます。

 

こないだの真実とは少し違って、今回は「噛む人もいる」という感じです。しかし、「無理に噛まなくても大丈夫」というのが言いたいことです。

ではどうやって発音するのでしょうか。

それは、舌の先を上の歯の裏に当てるだけです。

要は舌が歯のどこかに当たっていればthの音になるはずです。なので無理して舌を出してそれを噛んで発音しなくてもちゃんとthの音になるんです。

<出典: http://jibuneigo.blogspot.com>

 

ただし、これは[th]の音を会得し、[su]と[θu]の音の違いを聞き分けれるようになってから練習してください。
その前にこの方法で訓練すると、間違って[su]の音になっている可能性があります。
というか、慣れてくると勝手にこの方法に近い形で[th]の音を無意識に出していたりするので、わざわざこの方法で練習しなくても良いと思います。

 

最後に、この動画で復習しましょう。
よく間違える単語や[th]を使う文章などが出て来るので、一緒に発音して練習しましょう。
最初は癖付けの為に、このくらい舌を出しても良いと思います。